7716リビング

群馬在住、30代主婦の日々のあれこれ。昨日より少しでも前へ

シン・ゴジラが面白かったんです…!(ちょっとネタバレ)

今週のお題「映画の夏」

 

先ず、私のゴジラ知識…

・ 怪獣。でかい。東京を壊す。

・ ガメラとかキングギドラとかも怪獣

・ 映画は1回も見たことないけど、小学生の頃朝やってた番組のおかげで、モスラの歌は歌える

…そんな私でも、とっても楽しめました!!

f:id:hatsune0303:20160808192605j:plain

あらすじ…

突然海がボーン! てなって、出てきた謎の巨大生物の対応に追われる日本政府の話です。

 

 ネット上での評判がやたらといいので気になって、auのスマートパス割引で1200円で見られるし、6日の土曜日、映画館で見てきました。

なんかもう素晴らしく、外の暑さも忘れちゃうくらい面白かったので、記事にします。

ちょいちょいネタバレなので、まだ見てない方は気をつけて下さい。

極力情報入れないで見た方が、絶対面白いから!

 

働く男性の魅力がたっぷり

 真面目な男性が好きです。

ワイシャツはちゃんとアイロンがかかっているし、第一ボタンまでちゃんととめるよ!くらいの、ちゃんとした姿に萌えます。

今回の舞台は日本政府。どこを見ても、そんなビシッとスーツの男性だらけ。

この映画の男性は、基本そんなスーツ姿か防災服、自衛隊の迷彩です。

そして突然現れた災厄から国を守るため、みんな休まず、悲劇も乗り越え、がむしゃらに働きます。

真面目に、真剣に自分の仕事を全うする男性の魅力がたっぷり。

 

ゴジラの形状がすごい

 なかなか全容が見えないゴジラの姿がスクリーンに映し出された時、思わず「怖っ!」と声が出ました。

この衝撃は、ぜひ映画館で。

 

そしてデカ過ぎ

f:id:hatsune0303:20160808192544j:plain

 見るからにおかしい。

見るからに勝てないデカさ。

大きいことはいいことだ。

 

故に破壊っぷりもすごい

 とりあえず前に進みたい。なので船も車も、ビルも構っちゃいらんねえ、壊して踏んづけて進むぜっていうゴジラの破壊ぶり。

夏の暑さも吹き飛びます。

 

高橋一生の使い方が大正解

f:id:hatsune0303:20160808192957j:plain

防災服も素敵。

 

 高橋一生の真骨頂は、何と言っても「童貞っぽさ」です。

童貞、はぐれ者、オタク、スーツ、瞳孔開き気味 という高橋一生を生かす条件が揃った今回。キャスティングした方と握手がしたいです。

※ 劇中で童貞は名言されていませんが、絶対そうです。

※童貞っぽさは、強みであり魅力なので褒め言葉です。

 

銃火器や重機の使い方が最高

 自衛隊の、武器無制限使用なんて、聞くだけでワクワクしますね。

戦車のキャタピラーがキュルキュル言うのとか、タンクローリーが何台も走ってくるのとか、たまらない。

あとヤシオリ作戦での爆弾を積んだ電車、通称「無人在来線爆弾」が、名前も使い方も、見慣れた車両がボーンてなるのも最高。

 

間違いなく日本の映画だった

 ゴジラは生き物ですが、その容赦ない破壊っぷりはまさに災厄。

映画の終わり、街はぐちゃぐちゃのままだし、日本政府もボロボロ。

でも、日本は復興出来るとそんな希望を感じるラストでした。

それは日本が、戦争や震災でたびたび大変なことになりながらも、それ乗り越え、復興してきた国だから。

シン・ゴジラは、間違いなく日本じゃなきゃ作れない、日本の映画でした。

いやー、良かった!!

 

監督不行届 (Feelコミックス)

 庵野監督の特撮への愛がほとばしる。妻、安野モヨコによるコミックエッセイ。

彼氏彼女の事情 コンプリート DVD-BOX (全26話, 650分) 庵野秀明 カレカノ アニメ (PAL, 再生環境をご確認ください) [DVD] [Import]

 エヴァは勿論ですが、鑑賞後こっちが見たくなった。

こちらも庵野監督の世界観爆発。