7716リビング

群馬在住、30代主婦の日々のあれこれ

10月1週目 歯医者だいじ

アラサー主婦の備忘録(ヤマもオチもありません)

 10月1日~10月7日 今週の出来事

 

歯医者大事すぎると思った話

f:id:hatsune0303:20171009141405j:image

こんにちは、7716です。ある日、布団でゴロゴロしながら息子と喋っていたら、なんの前触れもなく、すごく無邪気に
「ママ、前歯茶色いよ!」
って言われたんですよね。
昔に虫歯で治療した前歯が、他の歯と色が違うっていうのはずっと自覚があったんですが、グサーッときまして。

 

歯のホワイトニングをしよう…

 

と思い立ったのです。
ずっとセレブのものだと思っていたホワイトニングですが、調べてみると近所で出来るところいっぱいあるし、一回8000円とか、ひと通り綺麗にして3万円とか、決して高すぎる訳では無いんですよね。
化粧品やエステにかけるより、笑顔からこぼれる白い歯の方が、美人度上げるには費用対効果が高いと思うし。
とりあえず話を聞きに行こうと思って、職場近くの歯医者さんを予約して、今週行ってきました。
口元美人になるし、ホワイトニングでブログ記事一本書けるわ~とホクホクしながら行ったのですが、いざカウンセリングをしてもらうと、

私の気になっている前歯は、治療の際に神経をとっている為、普通のホワイトニングではキレイにならないとのこと。

…というか、そもそもその歯だけ茶色く気になるのは、神経をとったせいなのでした。

「でも、神経をとった歯専用のウォーキングブリーチという、白くする方法はある。
歯の裏側に穴を開けて、薬剤を入れれば白くなる」

じゃ、じゃあそれを…!
と思いましたが、

「7716さんの場合、神経をとった歯に詰め物がされている。
ウォーキングブリーチで白くなるのは自分の歯の部分だけなので、やるとまだらになります」

(゚◇゚)ガーン

「なので7716さんの前歯を白くするには、セラミックを被せるしかありません」
8万円です」

(゚◇゚)ガーン

 

結論 無理です(ノД`)

 

「ホワイトニングに行ってきました」的なブログ記事の書き出しや文体まで考えていたのですが、ホワイトニングならずでした。
いやはや、神経をとったことが、こんなに後々響いてくるとはびっくりです。
私はまだ「明るいところで見たら一本だけ茶色いなあ」くらいだし、息子に言われるまではまあ…まあ許容範囲だったので、いきなり8万は無理だわと諦めもつきましたが、神経を取った歯はグレーになったり黒ずんでくる場合もあるので、ほんと虫歯にしない、しても早い段階で治療する、その為に定期検診をちゃんと受ける! というの、大事だなあと心から思いました。

行った歯医者さんも初めてのところだったんですが、説明も丁寧で、「セラミック、た、たっかあ」という私の反応にも「そうですよね~」と笑ってくれて、「お金貯めて来ます」と言ったらまた笑ってくれて、とても親切でした。
歯のクリーニングをしてくれて、「気になるところ、磨いておきますね」と言ってくれる優しさも染みる。
ちっこい虫歯も2箇所あったので、通って治します。その後定期検診も、せめて半年に一回は行きます(来年の目標…決意にする!)。
で、いつかきっと8万円持って「セラミックお願いします!」って言うんだ。
他の健常な歯もホワイトニングして、完璧な白い歯を輝かせながら「有難うございました!」って笑顔で歯医者を後にする。
で、ブログ記事もそれで一本書く!
そんな新しい目標ができました。


f:id:hatsune0303:20171009141440j:image

目指すぜ口元美人! 

 

中学の体育大会をニヤニヤしながら見てきました

息子が中学校に入学して、初めての体育大会がありました。
息子の学校は生徒数がやたら多いので、市営の運動場のグラウンドを借りて開催されます。
「リレーの選手になったよ」
「女子とのフォークダンスが嫌だ」
と言うのを聞いて、「これは見なくては」と思って、休みを取って行ってきました。
うちの子は二人とも私に似て『運動はさっぱり』なのですが、息子は中学校に入学して、吹奏楽部で活動を始めてからメキメキと体力をつけ、若干ぽっちゃりしていた体も締まりまして、ついにはクラス対抗リレーの選手になるという大躍進。
何なんだろう、毎日トランペット吹いていて、肺活量が鍛えられたのかしら。
この目で見るまで疑わしかったのですが、見に行ったらちゃんと参加していて、「うわー」と思いました。

5人中4番手くらいでバトンを渡していましたが、ちゃんとやってる!っていうだけでもう「うわー」です。

スタンド席からだから絶対聞こえないけど、「が、頑張れ!」と声が出てしまいました。
プログラムの最後は男女手を繋いでの嬉し恥ずかしフォークダンスだったのですが、遠すぎてどれがうちの子かサッパリわからなかったので、来年は双眼鏡を買って臨もうと思います。

 
f:id:hatsune0303:20171011082414j:image

こんな感じで

 

小学生の時も可愛かったけれど、中学生になっても子どもって可愛いですね。

もちろん「おまえー!! ちがうだろー! ちがうだろおおお!」となる時もありますが、概ねは可愛い。
部活も頑張っていて、文化祭での発表などもあるし、これからも更なる活躍をしてくれるのを楽しみにしています。