7716リビング

群馬在住、30代主婦の日々のあれこれ

【一日一食始めます】絶望より希望!のダイエット

こんにちは、7716です。
ダイエットの記事です。
こう言っちゃあれなんですが、私、ダイエットには詳しいんですよ。
中学生の頃くらいからダイエットには関心があったから、あらゆるダイエット方法やグッズ、器具など、ほんとダイエットの話だけでも一晩語れるし、本も一冊くらい書けちゃうんじゃないかな?そのくらい詳しいんですよ。
でも何で痩せていないのかって?

 

続かないからですよ!!

 

大体のダイエット方法は、続ければ痩せるんすよ

最近流行りの糖質制限も、ちょっと前のカロリー制限も、どっちがいいとかそんなのは大きな問題ではなく、続ければ痩せるに違いないんですよね。
運動だってそう。ビリーズブートキャンプだって、カーヴィーダンスだって、続けりゃ痩せるんですよね。
でも続かないのです。

 

ダイエットは気合と根性。
モチベーションさえ保てれば成功する!


ってずっと思っていて、食べ過ぎちゃったたびに、運動をサボるたびに、
「私はなんてダメなんだ」
「意思が弱すぎる」
とへこんでいました。
でもそれって、普通なんだって。
ダイエットは気合いと根性では続かない。
この本に出会って、考え方がひっくり返りました。

ウィルパワーダイエット ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法

著者は見てわかる通り、メンタリストのDaiGo。
ダイエットに対して心理学の観点からアプローチするという趣旨の本です。

 

で、書いてあることが結構衝撃で、今まで読んできたダイエット本とは違うなあと思ったんですが、

・ダイエットに成功した人の9割はリバウンドしている
・ダイエットすること自体不健康である

・誘惑には勝てない
・我慢すると1.5倍食べたくなり、2倍食べてしまう

今まで意志が弱いと思っていたことは、人類として当然の、普通のことだった。
誘惑には負けちゃうし、我慢すると反動が出るし、頑張ったからご褒美…って食べちゃう。
私だけじゃなく、みんながそうだったのか。

 

誘惑に負けてもいい、我慢しなくてもいいダイエットとは

この本では、ちょっとずつ食べる量を減らす心理テクニックも紹介されているのですが、『とはいえ、好きなものを好きに食べてもいいダイエット方法もあるよ』と紹介されているのが、『リーンゲインズ』と『一日一食』です。 

カッコつけて横文字で言いましたが、リーンゲインズとは『8時間ダイエット』です。
一日のうち、8時間だけなら好きなもの食べていい。それ以外の時間は食べない。という方法。

『一日一食』は、もう読んで字のごとく。
両方とも、好きなものを食べますが、それ以外の時間は断食になるので痩せるという寸法です。
で、とにかくわかりやすい。
守るべきルールが、時間しかないというシンプルさ。
我慢、制限、精神力…と、苦行だった今までのダイエットとは違って、『時間がきたら食べられる』という希望のあるダイエット。
ちょっとやってみようかな、と思ったんです。

 

誘惑には負けるわ

私は午前中から15時頃までパートで働いています。
飲食店のランチタイムなので休憩がなく、お昼は仕事が終わってから食べることになります。
飲食店で働くと、目の前に美味しそうなものがあって、いい匂いもするのに食べられない。お客さんは美味しそうに食べているのに私は食べられない。という、当たり前なんですが、結構我慢の連続なんですよね。
で、仕事が終わるともう食欲が高まっているから「なんか食べたい」「早く食べたい」で、帰り道のスーパーで甘いものとかお惣菜とか買って、食べ出すともう止まらない。
満腹以上まで食べちゃって、眠くもなっちゃうし、夕飯作るのメンドクサーというパターン。
もうほんと、誘惑には負けてるし我慢した分食べちゃうし、仕事頑張ったんだしいいよねって言い訳して。
で、そんな自分がすごく嫌だった。
でも食べ出すと止められない。という負のループ。
でも、一日一食で、そのループを断ち切れるなと思いまして。

 

私は極端な性格なので、「何か食べる」と思うと食べ過ぎちゃうけど、「食べない」って思うと食べないでいられるんですよね。

とにかく誘惑には負けちゃうんだから、最初から戦わない。

最初からお手上げ、白旗です。
で、「今は食べないけど、夕飯の時間になったら食べよう」って思う。
食べちゃダメは絶望ですが、時間になったら食べられるは希望なんですよ!


という事で思い立った日(2017年10月17日)から始め、一週間とちょっと。

体重は1.1キロ減りました。まだまだ誤差の範囲だけれども、割と辛くなく続けられているし、いいことも多いので、メリット、デメリットを書いておきます。

 

一日一食のメリット

時間がすごく空く
あんまり意識していなかったのですが、食事に関してかかっていた時間ってだいぶ多くて。
食べている時間だけではなく、
まず、なに食べようかな?と考える時間。
買い物する時間、外食するなら注文して待つ時間。
食べる時間、食べ終わってすぐには動けないから、食休みの時間。片付けの時間。
それらが、かなり短縮出来ました。
これかなりでかい。

 

消化に使っていた力が、他で使われている気がする
体感というか、気持ち的になんですが、胃が空っぽだと、すごく体が軽くてクリーンな感じがします。
体の細胞が生き生きしている気がする。


あんまりクヨクヨしなくなる
暇だとクヨクヨ考えがちですが、一日の希望である「夕飯なに食べよ~」を考える幸せパワーの方が強く、思い悩む時間も減りました。
もちろん意識して気をつけているのもあるけれど、「あーお腹鳴ってるなあ」「胃がぎゅーってするなあ」「燃えろ体脂肪!」と基本お腹のことばっかり考えています。

 

スプラトゥーンの勝率が上がる
いや、あの、集中力が上がるってことです。
f:id:hatsune0303:20171028001856j:image

チョーシいいね!

お金も浮く
仕事帰りや、買い物の際にちょこちょこ買い食いしていた分やお昼代が丸々なくなるので、お金も多分1、2万浮くのではないかと思います。

お金を生み出すダイエットってあんまりないですよね。
それを期待して、家計簿をちゃんとつけてみようかと思ったりする相乗効果も。
浮いた分、夕飯をちょっと豪華にするのも、さらに幸せで嬉しいです。

 

ゾンビを見られる
ちょっとグロめなドラマとか映画とか見たいんですが、子供がいない時を狙うと、朝か仕事から帰ってきてからの夕方になるんですね。
でも両方の時間とも今まではご飯を食べていたので、グロめなやつは見られなかったんです。
しかし今はご飯を食べないので、その空き時間で見られちゃう!
止まっていたウォーキング・デッド見始めました。やっぱり面白い(*´∀`)

 

食べられる喜び半端ない
とにかく夕飯の時間が楽しみで幸せ過ぎる。
罪悪感なく食べられるって素晴らしいです。

 

一日一食のデメリット

夕飯の献立に口出しされると若干イラッとする
夕飯には、その日の食欲すべてをかけている訳ですよ。
そこで家族に「ご飯、〇〇がいい」と言われて、それがあまり食べたくないものだったりすると、完璧な計画を狂わされたようでイラッとします。
まあそこは、家族が食べたいもの、私が食べたいもの両方用意することで解決。
なので、しゃぶしゃぶと豚汁。みたいな日も。

 

休みの日はお腹空く
仕事をしていたり、動き回ったりしていると空腹をあまり感じないのですが、何も予定のない日などはお腹が空きます。
まあでもそういう時は無理しないで、食べてもいいんじゃないかなと思ってもいます。

私は固形物を食べちゃうと止まらなくなる気がするので、カフェオレを飲んだりアメ(チュッパチャプスが長く舐められていい)を舐めたりしています。

 

感受性がちょっとおかしくなる
AmazonのCM見ただけで泣いたり


海外ドラマでいろんな人種が仲良くしているのを見て世界平和を思って涙ぐんだり、ちょっとおかしくなります。

なんだろ、頭が変に冴えてくるのかな?
でもネガティブなおかしさではないので、まあいいかなと思います。

 

 辛いのは夕方お腹が空くなーくらいで、それも慣れたら平気になってくるだろうし、今のところは、圧倒的にメリットの方が多いです。 

 

いやー、やっぱ自由に食べられるって幸せだわ

とはいえ、自由に好きなだけと言ってもそんなには食べられないし、好きなものと言っても納豆ご飯とか、カツ丼とか、エビチリとか、大学いもとか、普通のものを美味しく食べています。でもそれが幸せ。
本にも書いてありましたが、
子供の頃から食べていたものとか、楽しい思い出と密接に関わっているような食べ物って、コンフォートフード(安らぎの食事)っていうんですって。
で、それらを我慢するようなダイエットは長続きしないんですって。
すっごいわかる。
だから、痩せるってわかっていても、糖質制限がうまく行かなかったんですよね。

 

ちなみに誰かに誘われたり、子どもが昼間にいる休日などは、一日二食食べることもあります。
そんなにガチガチにならずに、楽しみつつ。
きっと体も慣れてくればもっと楽に自然に出来ると思うので、続けたいと思います。
とりあえずの目標は、来年の健康診断で、今年よりも良い結果を出すこと。特に体脂肪を減らすこと…

なのでおよそ一年という長い目で見てやっていきます。

備忘録などでもちょこちょこ経過報告していきたいと思います。
読んで下さってありがとうございました!

 

今年の健康診断の結果。

BMIで見ると標準なのですが、わたくし体脂肪率が30あるので、隠れ?肥満なのです。これを改善したい! 

f:id:hatsune0303:20171028065854j:plain

 

ウィルパワーダイエット ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法

今回の記事では一日一食をメインに書きましたが、こちらの本はダイエットで必要な『やる力、やらない力、望む力』であるウィルパワーの鍛え方、使い方を解説した本です。

気合やモチベーションなどふわっとしたものではなく、脳科学、心理学の観点で、納得して学べますよ。