7716リビング

群馬在住、30代主婦の日々のあれこれ

ダイエット、仕事…やめたことと、やり始めたこと

こんにちは、7716です。

やって良かった系の記事をいくつか書いていますが、今回は『やめたこと』と、『やり始めたこと』の記事です。

 

まず、やめたこと

糖質制限
・一日一食
・湯シャン

『やっていた』頃は、このブログでも「いいわー」「なんで今までやってなかったんだろ~」みたいな語り口で書いていたので、実はもうやってないって言うの恥ずかしいのですが、糖質制限も、一日一食も、湯シャンも、実はもうやってないんです。

どれも続ければいいことあるだろうし、向いている人もいると思います。
善し悪しではなくて、私は続かなかったし、向いていなかっただけです。

特に糖質制限の記事は結構見ていただいているので、続きがなくてごめんね、と思ったりもするのですが、まあ世の中にはもっと為になる情報やわかりやすい記事がそりゃー沢山ありますので、そちらを見ていただいて。

制限すれば痩せるには痩せるけど、ちょっと痩せる嬉しさ <<<< 糖質を食べる幸せ の方が、私には大事だったと気付きました。

 

一日一食も、最初は調子良かったのですが、いつの間にかグダグダに…

でも、一日三食食べることはほぼなくなりまして、朝と夜だけとか、昼と夜だけとか、一日二食になりました。『お腹が減ったら食べる』という、至極当たり前なところに落ち着いた感じです。

 

湯シャンは、面白いのですがやはりいい匂いがしないのと、洗い上がりのどっしり感がどうにも…なのでやめました。

現在はエッセンシャルで、ほぼ毎日シャンプーリンスをしています。

ちなみに化粧水などを使わない宇津木式は続いています。これはズボラな私には合ってた!!

宇津木式 カテゴリーの記事一覧 - 7716リビング

 

あとブログには特に書いていませんが、家計簿もやめました。

しょっちゅう「今度こそは」と始めては挫折して…を繰り返していたのですが、「私は家計簿を続けられない人間なんだな」と気付きました。

つけたらつけたで、どうしても『減る』ことに注目してしまうし、『減らさない』ことに執着してキリキリしてしまう。

ていうか今までどんぶり勘定で何の問題もなかったジャーン、と思ったら、家計簿なんてどーでもよくなりました。で、実際別に困らない。

レシートも貰った瞬間捨てるので、財布の中もスッキリです。

 

ちょっと変えて続けていること

仕事(飲食店パート) 

辞めてはいませんが、4月から時間を減らしました(週20~25時間働いていたのを、週15時間に)。

「子どもが中学生になったからもっと働く~」ではなく、あえての「もっと働かない(`・ω・´)キリッ」。

時給制なので勿論給料は減りますが、その分好きなこと、やりたいことする時間が増えました。

わからないかもしれないけれど、ブログを書く時間も増えてるんですよ。

 

手帳

こちらで紹介したあな吉手帳。

インスタで見たバレットジャーナルが面白そうだったので、お互いのいいとこどりをして、自己流で使っています。

楽で便利なので近々記事にしてご紹介したいです。

 

そして、やり始めたこと

自分の声を聞く

自分第一。というのを、心に掲げることにしたんです。
「これどう?」というのを、心と体両方に聞きます。とにかく自分にフォーカスする。

なので、世間一般の『こうした方が良い』『こうあるべき』よりも、『自分がしたいこと第一』

つまり、

・食べたいものは食べる。

・食べたいときに食べる。

・お腹が空いていないときは食べない。

・好きな匂いのシャンプーを使う。

・やりたくないことはやらない。

・好きなことをやる。

・その為の時間を作る。

などなどです。

 

で、そうすると『好き勝手やってダメなやつになる』と思いきや、自分が満たされるから周りにも優しく出来る…んですよね。

「こんなに好きにさせてくれてありがと~あなたもやりたいことやればいいよー」ってなるんですよ。

「私が我慢してるんだからアンタもちゃんとしなさいよ」ってキリキリしてるより全然いいですよね。

 

読んで下さってありがとうございます

やめたことはあれど、どれもやってみなかったらわからない。経験は得られました。

そして、やったことは『自分がしたいこと第一』。たったひとつですが、これ、ものすごいパワーがあります。

「あれやった方が良い」「これをやれば」みたいな情報は巷にあふれかえっていますが、実は『やらなくていい』『やらない方が楽』なこともいっぱいある。

読んでいただいてありがとうございました!