7716リビング

群馬在住、30代主婦の日々のあれこれ

4月2週目 とんかつ食べたり入学したり

アラサー主婦の備忘録(ヤマもオチもありません)

4月9日~4月15日 今週の出来事 

 

豚屋とん一さんでランチをしました

とんかつ トンテキ 豚屋とん一 | 株式会社トリドールホールディングス

何度も店の前を通っているものの、いつか行こうと思っていたものの、なかなか機会がなかった前橋市三俣町の『豚屋とん一』さんで、土曜日の昼ご飯を食べてきました。

やっと行けたと思ったものの、入り口に『今月閉店します、ありがとうございました』という張り紙がしてありまして、お店辞めてしまうようです。

なので滑り込みセーフ。ブログで紹介してもなーとは思いますが、まあ『とん一』は他の地域にもあるようだし、うまそうな写真が撮れたので紹介させてください。
f:id:hatsune0303:20180416083028j:image

丸亀製麺をやっている『トリドール』のお店なんですね。

まだ出来て新しいので、清潔感のある綺麗なお店でした。閉めちゃうのモッタイナイ。

注文したのはロースカツとヒレカツ2枚のセット。

来てびっくりしたのですが、ヒレカツがとにかくデカい。

厚さが2センチ…いや、2.5センチくらいありまして、顎関節症だったら食べられないレベル。

このセットで1200円くらいだった気がするのですが、納得の迫力。

揚げたての豚カツは、もう間違いなくうまいです。

キャベツ、みそ汁、ご飯がおかわり自由でしたが、目の前の物を片づけるだけでいっぱいいっぱいです。

ぐーちょきパスポート提示で唐揚げ2個もらえるのもかなりお得だし、「食べ切れなかったら持ち帰りパックあるから言ってね」という旨の紙が席に置いてあるのも優しい。

店員さんもみんな親切で、いいお店でした。ほんと閉めちゃうのモッタイナイなあと思いました。

でも、次は何の店になるんだろう? という楽しみもちょっとあったりして。

同じトリドールの『コナズ珈琲』とか、立派な木のカウンターがあったので店の形そのまま使って和食バイキングとか出来ないかなー。

それでもって、ランチ800円くらいで食べられたらいいんだけどなー。

更に17時くらいまでランチやってたらいいんだけどなー。

 

娘が中学校に入学しました

こちらの記事でも書いた通り、娘が中学生になり、我が家は中学生×2になりました。
能力はあるくせに引っ込み思案な娘ですが、仲良しのお友達とクラス替えでがっつり離れてしまい、入学式からちょっと泣きそうになっていましたが、登下校は一緒だし、放課後は遊んだり、まあまあ彼女なりになんとかやっているようです。

 

ちなみに息子も「新しいクラス、仲良い人いねーわー。同じ部の人は3人いるけど~」と帰ってきましたが、悲壮感ゼロだったのでこちらの心配は一切していません。

成績はいいけど自己評価を低く見積もりがちな娘と、成績は悪いけど妙にコミュニケーション能力に長けた息子。
両極端な兄妹ですが、見守っていきたいと思います。
ほんと、どんどん大きくなるわー

 

今週見たDVD

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/イラスト・カード付) [Blu-ray]

私はホラーって苦手で、特にビックリ系は絶対見たくないので、それっぽい『IT/イット それが見えたら終わり』は見る気無かったのですが、青春ものとしての評価がやけに良く、旦那がレンタルで借りてきたこともあり、恐る恐る見ました。
怖いっちゃ怖いですが、割と平常心で見られました。

まず冒頭で、主人公の弟ジョージーがイットことピエロのペニーワイズに出会うシーンがあるのですが、大雨の中、道路脇の排水溝にしっかり入り込んでいるピエロが話しかけてくるという画を見た瞬間に、

 

「シューーール!!」

f:id:hatsune0303:20180417075911j:plain

(クルットさん (c)みいつけた!

 

と思ってしまって、なんか笑いの方へシフトしてしまったんですよね。

 

どうやって入ったんすかw
濡れそうで濡れてないしw

 

ってなってしまって、不気味さよりおかしさにフォーカスしてしまって、まあ怖いシーンもあるんですが、終始「ピエロw」という含み笑いで見ました。

とはいえ、ルーザーズ(負け犬)クラブと呼ばれ、虐げられていた子供たちが団結して、怖がりながらもペニーワイズに立ち向かう姿にはグッときましたし、ほんと青春ものとして良かったです。
脅かされすぎて、子供たちが若干キレているのもなんかリアルで面白かったり。
最後の団結して戦うシーンは子どもらしくも、それぞれの思いが強く込められていて良かったなあ!
第2章も来年予定されているらしく、彼らの27年後の姿を見るのが楽しみです。