7716リビング

群馬在住、30代主婦の日々のあれこれ

ガチで。公立中学の入学準備でかかったお金の話。

こんにちは、7716です。

うちは年子の兄妹がいまして、今年の4月、上の子が中学2年生、下の子が中学校入学になりました。

無事入学式も終わったので、全部でいくらかかったのかという金の話をします。

計算するのちょっと怖かったのですが…

今回は、群馬のふっつうの公立中学校、女子生徒の場合です。

さあいってみよー!!

f:id:hatsune0303:20180409153132p:plain

・ 制服一式 70,500円

昔ながらの地元のお店にお願いしました。

ブレザー2万円、ベスト8000円、スカート15,900円、長そでブラウス×3で8100円(1枚2700円)、夏ベスト14,000円、夏スカート7500円、半そでブラウス×2で5000円(1枚2500円)。

お兄ちゃんの時は半そでシャツも3枚買いましたが、毎日洗濯するおうちなら2枚で充分だと思います。夏ならすぐ乾くし。

昨年12月中の申し込みで適用になる早期割引で8000円引いてもらって、制服合計70,500円。

あと同じお店で、

 

・ 自転車通学用に、カバンを背負ったままでも着られるレインコート。5800円。

 

さらに登下校用の白スニーカーをサービスでもらいました。

ちなみに去年も同じお店で頼んだ男子の学ランの場合はもう少し安く63,200円でした。

 

・ 自転車

盗難保証など2700円のパックを付けて、計30,564円

 

・ 自転車通学用ヘルメット 3000円

 

・体操着

長そで上下8830円

半そで上下×2セットで9040円

 

・ 上履き1600円

・ 体育館履き3500円

・ 体育館履きの袋250円

 

・ 通学カバン8500円

 

・ 白い靴下×3足で906円

 

・ 前髪長かった為、美容室でカット 510円

 

以上合計で 143,000円!

 

はい。

143,000円だって。

うっわ。

143,000円だって。

これ、公立中学校の入学準備ですからね。

義務教育の、必要最低限ですからね。

買わなきゃいけないもの。払わなきゃいけない143,000円ですからね。

(所得や家庭の事情により補助が出ることもあります)

3年間で14万円と考えると、安いのか高いのかわからないですが「まあこのくらいはかかるかなあ」とも思いますが、短期間で一気にこの額出ていくのはかなりビビります。

 

そして、更に恐ろしいのは入学してからもなんやかんやお金がかかるということです。

上記以外にも、学校指定の行事用リュック(修学旅行や林間学校に持っていく)、トレーナー、絵の具、辞書、林間学校の費用、入る部活によっては備品代…などなど、怒涛の集金が来ますので、春は基本金を払ってばかりだと思っていた方がよいです。

うちはかんぽの学資保険で10万円、旦那の会社からお祝い金1万円を貰いましたが、あっという間に消えました。

春はお金がかかる、と心得ておいて間違いはないです。

そこを過ぎれば、普段は学年集金や給食費などで月1万円くらいの集金で済むんですけどね。

 f:id:hatsune0303:20180409153621p:plain

 

読んで下さってありがとうございます。

怒涛の支出にメゲそうになりますが、子供の成長はとても嬉しいものだし、見ごたえもありますので、「金を払う」という形で応援していきましょう。

ちなみに2年生になった上の子の新学期準備は、上履き1600円だけでしたので、来年はだいぶ楽になる。はず。

 

お金で不安になった際、役に立つ本を貼っておきますね!

一生お金に困らない生き方 (PHP文庫)

お金が『ない』『なくなる』に執着するのではなく、お金は『ある』『空気のごとくある』と使うのです…