読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7716リビング

群馬在住、30代主婦の日々のあれこれ。昨日より少しでも前へ

10月最終週 高崎のおしゃれランチとふくろうカフェ

アラサー主婦の備忘録(ヤマもオチもありません)

10月23日~10月31日 今週の出来事

 

娘とお出かけしてきました

 珍しくうちの男どもが出掛け、娘と昼間の間ふたりになる機会があったので、高崎に遊びに行ってきました。

おしゃれカフェでランチしてからの、ふくろうカフェという、女同士ならではのお出かけです。

ランチはこちら。カフェダイナー ルイナ

luina.net

会社の人がオープン時に行ったという話を聞いて、いつか行こうと思っていたルイナ。

海のない群馬で、ハワイを感じられるお店です。

大きい駐車場があるのですが、12時台だったので満車。

隣にははなまるうどんのでっかい駐車場がありますが…そっちは空いてますが…絶対停めちゃダメだぞ? 絶対だぞ?!

 

入店してからも、当然満席なので名前を書いて待機です。

30分くらい待って、2人がけの席にご案内されました。

そんなに席数もないので、2人以上で行ったら更に待つのではないか…

食事、スープ、ドリンクバー、サラダバー、デザートのセットになっているルイナセットを頼みました。

スープは二種類、サラダバーは並べられているジャーサラダから好きなものを選べます。

それぞれちょっとずつ違うので、比べて選ぶといいです。娘は2つ食べたあと、「スパゲティが入ってるのにすれば良かった…」と後悔していました。

飲み物はあんまり種類がなく、コーヒーと烏龍茶、あとキッズ席近くにオレンジジュースとカルピス。コーラも炭酸もありません…

f:id:hatsune0303:20161107085138j:plain

ごはん。特製ロコモコ

普通にうまい。

f:id:hatsune0303:20161107085221j:plain

デザート。二人ともチョコバナナクレープを頼んだんですが、形状を変えて出してくれました。

f:id:hatsune0303:20161107085246j:plain

こういう気遣いって嬉しいですな

厚めのクレープ生地に、甘さ控えめの生クリームと、甘いバナナとチョコレート、荒砕きのアーモンド。

娘曰く「やばいくらい美味い」と。喜んでくれて良かった。

13時を過ぎた頃には空席もちらほら出てきたので、待ちたくないなら開店前に並ぶか、遅めに行くかがおすすめです。

 

ルイナの後、ふくろうカフェ「楽園」へ。

ameblo.jp

f:id:hatsune0303:20161107095916j:plain

ぎゃんかわ!

 イオン高崎の通りにあるので、ルイナからはほぼ一直線です。

外から中の様子は見えないんですが、扉を開けると森のような店内。

入るなりふくろう達が見えます。

行った時は10羽くらいいたのかな。

可愛いのもカッコイイのも、あらゆる種類のふくろう達がいて高まる!

f:id:hatsune0303:20161107085334j:plain

かっこ良すぎる…(震え)

 

 お店のシステムは、ワンドリンク付きで1時間大人1200円、子ども800円。

ふくろうは撫でてOK、ひとり1羽だけ手にのせることもできます。

入る前は1時間て長くない? と思っていましたが、全然そんなことなく、居心地のよい空間でむしろあっという間でした。

お店の方も親切だし、お客さんも静かにふくろうを愛でている、穏やかな空間。

また行きたいので、長く続いてほしいお店だなと思いました。

電話予約もできるようなので、確実に入りたいなら予約すべし。

f:id:hatsune0303:20161107085737j:plain

退店後、「めっちゃ癒されたあ…」としみじみ言っていた娘。

小5も疲れてんだな…

 

すごく当たり前のことだけど、子供は育って大人になるよ

 ほんとうに当たり前なんですけど、最近しみじみ思うこと。

私は18歳で結婚して、19で長男を出産、21で長女を出産しまして、現在30歳。

勢いだけでここまでやってきた感があるのですが、20代はほとんど家にいたし、家庭のことばっかり考えていました。

「18でできちゃった婚」という経歴だけ見ると頭のおかしいDQNなんですが、持ち前の真面目さと思い詰めすぎる性格で、どうにか子供2人が死なないように、元気に育つように、そして周りに迷惑をかけないように、気を使ってやってきました。

当時はこれが普通って思っていたんですが、今振り返ると子供中心のやっぱりちょっと窮屈な生活をしていて。

それが、子供2人とも小学校高学年になってみたら、もうなんか、すげー楽なんですよ。

前は「子供だけ留守番なんてさせたら絶対死ぬ! 家が燃える! 絶対死ぬ!」 って思っていたけど、今はお昼さえ確保しておけば、勝手に友達と遊んでるから、仕事や買い物にも出られる。

前は「子供同士遊んでいても、横で見てないと、おもちゃの取り合いになるかも、いつの間にか道路に出て、車に轢かれるかも」と思っていたけど、今は電話なんていう文明の利器を使って勝手に約束をとりつけるし、2人とも母より友達多いし、道の端っこを歩いて、公園まで行ける。自転車も乗れちゃう。

今回のお出かけだって、前だったら「子供と外食したら、騒ぐし子供用のイスがないとダメだから、子供OKの店じゃないとダメ」、「危ないからふくろうとのふれあいには連れていけない」というところですが、もう高学年だから、入店するのに30分だって大人しく待つし、ご飯も静かに大人と同じ分食べるし、ふくろうも優しく触れる。

公共のマナーがわかるんですよ。あの、ちょっとしたことですぐ泣いてたあの子らが! この数年で!

ほんとうに当たり前なんですけど、時間は流れるし、ずっと変わらないものなんてないし、子供は成長して大人になっていく。

何が言いたいのかうまくまとめられないんですが、今、ちょっとしたことでめっちゃ泣くし鼻水も垂らすし、せっかく作った離乳食も全然食べないし、何でよその子はちゃんとできるのにうちの子は…みたいに思っているお母さんと、そんな風に思っていた昔の私に、「大丈夫さ」って伝えたいというか。

今はちょっと窮屈かもしれないけど、ほんと数年で、「夕飯なに? カレー? じゃあ私作る」「チャーハン、俺が炒めたい」ってほんとに作ってくれたり、タダでマニキュア塗ってくれたりするから!