7716リビング

群馬在住、30代主婦の日々のあれこれ。昨日より少しでも前へ

「嫌われる勇気」抜粋。3分で読める。普段使いのアドラー心理学

こんにちは、7716(@hachi7716) です。

前回書いた「嫌われる勇気」の感想まとめ。覚えておきたいエッセンス満載なのですが、なんせ長くなりすぎたので、悩んだときにさっと読める「普段使い用」に簡潔にしてみましたのでポストします。

自分解釈、ひいては『自分が迷ったとき用』なので、悩んでる人はちゃんと本を読むことをお勧めします。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

人間関係を避けるな

地球に自分しかいない、なんて事は有り得ないので人間関係は避けられない。

「もうやだ、山で1人で暮らしたい」と思うこともありますが、逃げたらアカン。

働くことでの付き合い、友達との付き合い、家族や恋人との付き合いを、疎かにしない。

 f:id:hatsune0303:20160218072415j:plain

自己受容、他者信頼、他者貢献

ありのままの自分でいいと思う。

相手を信じる。

相手のためになることをする。

この3つは円環構造。

相手を信じ、仲間だと思うからこそ他者貢献できる。だからこそ私は誰かの役に立っていると実感できることができ、自分を受け入れることが出来る。

そして、ありのままの自分を受け入れられるからこそ、相手を信じることができる。

 

課題の分離。心に裁断機を持とう

大型裁断機・ペーパーカッター 400枚裁断 BA58A4

 こういうやつ(買わなくていい)

 

「相手を喜ばせたい」は、自分の課題

「喜ぶか」は、相手の課題

自分の課題は精一杯やりましょう。

ただ、「こんなことしたら嫌われるかな? 相手はどう思ったんだろう?」と相手の課題に踏み込むようなことはしない。

そんな気持ちが頭をもたげたら、即! 課題の分離! 心の裁断機でザックリ切り捨てる。

切り捨てるというと冷たく聞こえますが、、根っこには相手への無条件の信頼があります。冷たいどころか愛に溢れています。

 

嫌われることを恐れない

自分がよかれと思ってした事で相手に嫌われても気にしない。救われている人も絶対にいる。

相手の承認を求めない。他者の思うように生きない。

目指すべき、比べるべきは他人ではなく、レベルアップした未来の自分。

 f:id:hatsune0303:20160218072336j:plain

大事なのは、『今ここ』 それだけ。

人生は繋がった線ではなく、点。刹那の連続。

未来が見えるような気がするのは、今をちゃんと生きていないからだ。

今この瞬間を真剣に生きてさえいれば、どこにだって行ける。何だって出来る。

過去を振り返るな。未来も見ようとするな。今、最善を尽くせ。今ここを生きろ。

 

アドラー心理学を使いこなすには、生きてきた年月の半分が必要だそうです。

エッセンスを学んでも、それをいざ生活に落とし込んでいくのって難しいですね。

でもアドラー先生の照らしてくれた道をちゃんと歩んでいこうと思います。

マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編 (ヤングキング・コミックス)

 1時間くらい時間があるなら、こちらを読むのもおすすめ